HOMEDream meister > 小谷 良太郎さん(電気機械科)

オープンスクール
資料請求
PTC BLOG
CM ギャラリー
企業担当の皆様へ
提携教育ローン
オリコWeb学資サポートプラン
Dream meister 電気機械科 小谷 良太郎さん
管工事の現場代理人として、経験を積みながら日々成長中です!
管工事の現場代理人として、経験を積みながら日々成長中です!
管工事の現場代理人として、経験を積みながら日々成長中です!

小谷 良太郎

2009年度 機械工学科(現:電気機械科)卒

石川高校出身

(株)東邦 勤務

Q.現在どのようなお仕事に携わっていますか?

建築設備工事を主としている(株)東邦に入社して5年目、管工事の現場代理人として勤務しています。一口に管工事と言っても、内容は様々。建物の空調設備や冷暖房設備はもちろん、浄化槽の工事や給排水、ガスの配管工事など多岐に渡る業務の工程・品質・安全管理を行っています。また、施工図を作成するのも大切な仕事の一つ。工事が始まったら、朝から晩まで現場で業務にあたっています。

Q.働き出してはじめてわかったこと、実感したことは?

やはり資格の重要性です。僕も現在、来年受験資格(実務経験5年)が得られる「1級管工事施工管理技士」を取るために、働きながら勉強に励んでいます。皆さんも、電気・機械系の仕事でステップアップしたいと思うなら、資格取得は必須。時間のある在学中に、挑戦できる資格は積極的に取得することをおすすめします。また、現在の職場では施工図などを作成する機会も多いため、もう少しCADの授業をしっかりと学んでおけば良かった、と思います。学生時代にはなかなか気付かないものですが、不要な学びなど一つもありません。すべて自分の将来につながっている、という姿勢で学校の授業に取り組んでください。

Q.どんな時に仕事の“やりがい”を感じますか?

僕が携わっている管工事の仕事は、建築の施工とは違い、外側からその成果を確認することはできません。しかし、手がけたビルや公共の施設がしっかりと機能しているということは、そこで働く人や社会の役に立っているということ。そのことが「よい良い物を造りたい」という原動力にもなっています。

Q.PTCに進学したのはなぜですか?

普通高校に進学したのですが、以前から機械工学に関心があり、好きな道に進んでみたい、という思いからPTCで学ぶことを決めました。将来の夢や目標を共有できる仲間が多いので、2年間で良い思い出がたくさんできました。PTCには現場経験の豊富な先生方が多いので、社会に出た今でも、迷ったり悩んだりした時は電話して相談しています。また、今の職場にも同級生がいるので、良きライバルとして刺激をもらっています。

Q.後輩に向けてメッセージをお願いします。

先生や仲間との関係を大切に! 社会に出てからも良い関係を築いてほしいと思います。また、仕事に不可欠なコミュニケーションスキルや計画性、柔軟性などは学生のうちから意識して養うと就職活動の際にも大きなメリットになると思います。

オープンスクールのお申し込みはこちら
資料請求はこちら