HOMEDream meister > 上原 大樹さん(航空ビジネス科)

オープンスクール
資料請求
PTC BLOG
CM ギャラリー
企業担当の皆様へ
提携教育ローン
オリコWeb学資サポートプラン
Dream meister 航空ビジネス科 上原 大樹さん
地上から空の安全を支援する、航空機のサポーターです。
地上から空の安全を支援する、航空機のサポーターです。
地上から空の安全を支援する、航空機のサポーターです。

上原 大樹

2010年度 航空工学科(現:航空ビジネス科)卒

糸満高校出身

沖縄エアポートサービス(株)勤務

Q.現在どのようなお仕事に携わっていますか?

グランドハンドリング業務を担う「沖縄エアポートサービス」内の「ランプ統括部」に所属しています。主な業務については、お客様からお預かりした郵便、貨物、受託手荷物を航空機の貨物室に搭載、または取卸しする作業です。入社して約2年半。

Q.グランドハンドリング業務の魅力はどんなところですか?

「グランドハンドリング」と聞いて皆さんが最初にイメージするのは、マーシャリングと呼ばれる着陸した航空機の誘導ではないでしょうか?しかし、それは業務のほんの一部に過ぎません。それ以外にも、燃料給油や手荷物の取り降ろしと仕分け業務、機体をトラクターで後進させるプッシュバック、機内清掃、航空貨物の取扱いなど、想像以上に膨大な仕事があります。忙しい毎日ですが、円滑なコミュニケーションとチームワークで航空機を無事に定時で送ることができた時は疲れも吹き飛びますね。緊張感と誇りを持って働く先輩方の後ろ姿を見ていると、僕ももっと成長したいという意欲がわいてきます。

Q.なぜPTCに進学を決めたのですか?

地元が糸満ということもあり、小さな頃から大空を横切る航空機を見上げながら育ちました。普通高校に進学したのですが、大好きな航空機を間近で感じられる職に就きたいと思うようになり、いろいろ調べた結果、現場経験の豊富な先生がいて多彩な資格に挑戦できるPTCに進学を決めました。

Q.後輩に向けてメッセージをお願いします。

どんな仕事でも「コミュニケーション」は必要不可欠なスキル。人の話を素直に聞く、自分の意見をしっかり言う…といった基礎的な力を身につければ、就職後大きく成長できると思います。

オープンスクールのお申し込みはこちら
資料請求はこちら