HOMEDream meister > 島根 優斗さん(自動車整備科)

オープンスクール
資料請求
PTC BLOG
CM ギャラリー
企業担当の皆様へ
提携教育ローン
オリコWeb学資サポートプラン
Dream meister 自動車整備科 島根 優斗さん
幅広い知識と技術を備え、正確・迅速な自動車整備を実現。
幅広い知識と技術を備え、正確・迅速な自動車整備を実現。
幅広い知識と技術を備え、正確・迅速な自動車整備を実現。

島根 優斗

2009年度 自動車整備科卒

糸満高校出身

琉球ダイハツ販売(株)勤務

Q.現在どのようなお仕事に携わっていますか?

琉球ダイハツ販売(株)に入社して3年になります。一言で整備士といっても、車両の点検や故障探求から実際の修理にいたるまで、仕事内容は多岐に渡ります。時には他メーカーの車両を整備することもあるので、幅広い知識と向上心が必要です。

Q.どんな時に仕事の"やりがい"を感じますか?

車両のどこが故障しているか、その原因は何かということを追求する「故障探求」の業務は、経験と整備士としてのセンスが問われる仕事。制限時間内に正確に作業をすることが求められる「車両点検」も、経験を積むことでスキルが上がるので、自分の成長を肌で感じることができます。また、引き渡しの際、お客様に喜んでもらえた瞬間が私にとっての最大のエネルギー源になっています。

Q.整備士の仕事をする上で必要なスキルは何だと思いますか?

やはり 「観察力」ですね。整備のプロとして、些細な違和感にも気付くよう注意を払う必要があります。何よりも「自動車はお客様の"命"を乗せているのだ」という意識を強く持って点検・修理を行うようにしています。また、整備の正確さはもちろん、お客様に故障原因や修理内容を伝える際の応対も大切。例えば、専門用語を並べて話すのではなく、わかりやすい言葉に置き換えて説明するなど、相手の立場にたって考えることが重要です。

Q.学生生活のアドバイスがあれば教えてください。

社会に出て経験を積めば「技術」は自ずと身に付きますので、学生時代はまず「基礎知識」を習得することに力を注いで欲しいですね。配線図の見方や電気回路の理論など、いわゆる「座学」での学びも非常に大切。いずれ現場でも必ず役立つ日が来ます。

Q.後輩に向けて先輩からのメッセージをお願いします。

私は普通高校からPTCに進学し、2年という時間をかけて自分の将来の目標を定めました。何事にも好奇心や関心を持って取り組めば、未来への道しるべを探すことができるはず。勉強にも遊びにも邁進し、学生生活を有意義に過ごしてください!

オープンスクールのお申し込みはこちら
資料請求はこちら