HOMEDream meister > 儀間 真治さん(電気機械科)

オープンスクール
資料請求
PTC BLOG
CM ギャラリー
企業担当の皆様へ
提携教育ローン
オリコWeb学資サポートプラン
Dream meister 電気機械科 儀間 真治さん
専門技術と柔軟な発想を育み、社会に貢献できる「人財」に!
専門技術と柔軟な発想を育み、社会に貢献できる「人財」に!
専門技術と柔軟な発想を育み、社会に貢献できる「人財」に!

儀間 真治

1996年度 電気工学科(現:電気機械科)卒

宜野湾高校出身

照屋電気工事(株)勤務

Q.お仕事の内容を詳しく教えください。

新卒で照屋電気工事(株)に入社してから、もう16年になります。これまでに様々な現場に携わってきましたが、現在は小禄中学校校舎改築に関わる電気工事の現場代理人として管理の仕事を行っています。工程の打ち合わせから現場のチェック、安全・品質管理まで、業務の内容はまさに「電気工事の現場監督」です。

Q.現在は管理のお仕事をされていますが、元々は職人だったんですか?

もちろん、入社してしばらくは職人として現場で電気工事のノウハウを学びました。入社2年で現場管理の仕事を任された時は、責任の重さにプレッシャーを感じましたが、周囲の人に助けてもらいながら経験を積むことで、次第に管理の仕事にやりがいを感じるようになりました。

Q.どのような現場で仕事をすることが多いですか?また、電気や設備工事の仕事をする上で必要なスキルは何だと思いますか?

学校や役所・各種施設など県や市がクライアントになる場合もあれば、建築会社を通じて、ホテルや病院といった民間企業の電気工事を請け負うこともあるので、現場は多種多様。違う業種の人たちと連携しながら1つの物をつくりあげていくという意味では、どんな現場にも対応できる高い「順応性」や作業をスムーズに進めるための「コミュニケーションスキル」が求められる仕事でもあります。

Q.仕事をする中で、印象に残っているエピソードはありますか?

若い頃は失敗も多かったですね。設計図を元に図面を起す際も、寸法を間違えてそのまま記載してしまったり…現場の職人さんたちから手厳しく叱られて「二度と間違えないぞ!」と思いました。失敗を次へのステップとして前向きに捉え、一歩ずつ成長することが大切だと感じます。

Q.学生生活のアドバイスがあれば教えてください。

将来活かせそうな資格を取得するためには、学生時代から準備すること。また、CADを使う業務も多いため、パソコンを使いこなせる人は有利だと思います。2年という短期間ですが楽しみながら学んでください!

オープンスクールのお申し込みはこちら
資料請求はこちら