HOME入学案内 > 制度・その他

入学案内TOP
入学方法
学費について
制度・その他
オープンスクール
資料請求
PTC BLOG
CM ギャラリー
企業担当の皆様へ
提携教育ローン
オリコWeb学資サポートプラン
制度・その他
併願制度

当学院では、大学・短大と併せて当学院への出願を考えている学生を対象に、併願制度を採用しています。これは、受験前に併願登録料を添えて入学願書を提出し、合格した場合、当学院入学の席が予約できます。この為、実際の入学手続きや授業料納入は受験する大学・短大の合否発表後となり、受験生には大変便利な制度です。

出願資格

当学院と大学・短大との併願を希望する者。(併願で出願をする場合は一般入学となります。)

※職業能力開発校及び職業能力開発大学校は対象外となります。

募集期間

平成29年10月1日~平成30年1月31日(必着)

出願書類

(1)入学願書(当学院指定の用紙)

(2)併願書(当学院指定の用紙)

(3)高等学校の調査書

※卒業後5年以上経過し、調査書が発行できない場合…

「成績証明書」または「卒業証明書と経年で成績証明書を出せない旨の証明書」のいずれかを提出

(4)写真3枚(1枚は入学願書に貼り付け、残り2枚は添付)

併願申込料

30,000円(内訳:入学選考料 10,000円/併願登録料 20,000円)

※郵送の際は、郵便為替にてお願いします。

※当学院進学の場合、併願登録料は入学金へ充当されます。

※入学辞退の場合、併願登録料(20,000円)は返還致しません。

選考方法

書類選考

合格通知

選考後、10日以内に合否を決定し郵送にて通知します。

入学手続き

大学・短大の入試結果発表後、3日以内に当学院進学の有無を連絡願います。

当学院進学決定者は、納入金を納入期限までに指定金融機関を通してお振込願います。

その他

(1)大学等の日程に関しては補欠、二次募集の日程は該当しません。

(2)当学院の入学選考で不合格となった場合、併願登録料20,000円は返還致します。

兄弟姉妹・家族割引制度

入学希望者の親族(兄弟姉妹)が本校に在学中、または卒業生がいる方は入学願書裏面の兄弟姉妹・家族割引申請欄を記入してください。選考時に確認後、入学金120,000円を免除致します。

その他

専門士

当学院を卒業すると、文部科学大臣の告示により「専門士」という称号が付与され、短期大学や高等専門学校卒業と同等に扱われます。

大学3年次編入

専門士を付与された者は、大学3年次へ編入することができます。

[大学編入実績]

琉球大学 機械システム工学科 ← 航空工学科(現:航空ビジネス科)・機械工学科(現:電気機械科)

電気電子工学科 ← 電気工学科(現:電気機械科)

環境建設工学科 ← 建築学科

その他、沖縄国際大学・沖縄大学・九州産業大学・ポリテクカレッジなどへの編入実績あり。

日本学生支援機構 奨学金貸与認定校(全学科対象)

日本学生支援機構は、人物・学力ともに優れた者で経済的理由により修学が困難である学生に対し、学資の貸与等を行っ ている団体です。入学前に、高等学校で奨学生として予約することもできます。(4月~翌1月中旬) 予約採用をご希望の方は、在学中に高等学校の奨学金担当者にご相談ください。 奨学金の貸与が始まるのは、入学後の5月以降となります。

くわしくは、学生サポート

教育ローン(各機関)

当学院は、学校教育法に定める専修学校基準に基づき認可された専修学校のため、沖縄振興開発金融公庫・地方銀行・都市銀行・JA(農協)等の教育ローンが利用できます。また、各市町村奨学金や、沖縄県社会福祉協議会等の教育ローンの貸付を行っているところもあります。その他、提携ローン(株)オリエントコーポレーションの教育ローンがご利用できます。

パソコン室

当学院では、パソコンの実習設備機器があり、利用希望者は、管理者へ申し出ることで自由に利用することができます。利用者は当学院学生のみに限られます。

就職相談

就職専任職員との個別面談をはじめ、卒業時、就職未決定者には引き続き求人情報を提供し、卒業後も全面的にバックアップします。

学生駐車場および駐輪場

自家用車で通学する学生のための駐車場完備。(有料)

学割

通学等にバスなどの交通機関を利用する場合は学割が利用できます。

アパートの紹介

当学院では、自宅からの通学が困難な学生に対し、アパートの紹介を行っています。

くわしくは、学生サポート